人との関係性は、かめはめ波のイメージで

この世界に自分一人しか

いないとすると、

 

何をしても意味がなくなってしまいます。

 

一人で美味しいものを食べるのも

良いかもしれないですが、

他人と何かを分かち合う。

ことに喜びを感じることの方が

多いのではないでしょうか。

 

そして、人との関係性を良く

したいのであれば、

人に貢献をすることが大切に

なってきます。

 

とりわけ、ビジネスの世界に

おいては、

何かの価値を交換しあうことですので、

どういった価値を提供できるのか、

を意識することが大切といえるでしょう。

 

そして、相手に何か貢献をするためには、

まずは自分が相手に貢献できるように

ならなければいけません。

 

他人に貢献することができるようになったら、

全力で他人のために力を尽くす。

 

その上で、更に他人に貢献するために

力を付ける。

 

ということを繰り返し続けることが、

相手との関係を良好に保つ上で

大切といえるでしょう。

 

そして、ここで重要なのが、

自分の力を高めることと、

相手に貢献すること。

 

を明確に分けて考えることだと

思うのです。

 

自分の力を高める段階では、

とにかく自分に意識を集中させ、

エネルギーを蓄える。

 

これは、ドラゴンボールで言うと、

かめはめ波を打つために

手にエネルギーを貯めている状態。

といえるかもしれません。

 

そして、エネルギーが十分に溜まったら、

それを相手に向けて意識を集中させて

放つことが大切だと思うのです。

 

つまり、ただエネルギーを放つのではなく、

相手に狙いをしっかりと定めるということです。

 

自分と相手、この双方に意識を向けることは

簡単ではないかもしれないですが、

 

自分に力がなければ相手に貢献できないですし、

自分に力があってもそれが相手に寄り添ったもの

でなければありがた迷惑になってしまいます。

 

自らのエネルギーをため、

それを相手に向けて放つ。

 

相手との関係性の構築においては、

このポイントを意識し、

かめはめ波を打つような

イメージを持つと良いかもしれません。