一日の積み重ね、一時間の積み重ね、一秒の積み重ね

人の人生というのは、

それまでに過ごした時間

の積み重ねです。

 

80年であれば、

80年分の時間の積み重ね

があるわけです。

 

そして、

この80年を分解していくと、

 

29,200日、

700,800時間

4,200万分と

なります。

 

この期間を長いと考えるか

短いと考えるかは人それぞれ

だと思いますが、

 

人の人生というのは、

70万回の1時間の積み重ね。

と考えると、

 

その70万回をどのように

過ごすかによって、

 

大きな違いが生まれるのが

イメージできるのではないでしょうか。

 

漆を器に何回も重ねて

塗るように、

 

丁寧に一つ一つの時間を

過ごしていくことで、

きれいな器ができます。

 

逆に考えると、

一度雑に塗ってしまうと、

再び美しい完成に近づけるには

非常に長い時間がかかってしまう、

といえるかもしれません。

 

器の表面に見える光沢も、

下地に丁寧に積み重ねられた

層があるからこそ。

 

今過ごす一時間は、

器のベースを作るための一時間。

 

表には出てこないが、

下地の丁寧さが完成度を

決定的に変える。

 

という意識を持って、

今の一時間を過ごすことが

重要と言えるかもしれません。