チームのため、が自分を更に強くする

 昨日、たまたま野球の

ヒーローインタビューの

音声が耳に入ってきました。

 

そこで選手が言っていたのが、

「ファンのおかげ」

という言葉。

 

自分が努力をして勝ち取った

結果だからこそ、

自分のおかげ。

 

と心の中で思っている人も

いるかもしれないですが、

 

本心で「ファンのために」

と思っている人と、

何となく「ファンのために」

と思っている人では、

 

成果に大きな違いが生まれるの

ではないかと思いました。

 

元巨人軍の長島茂雄さんは、

引退後も節制を続け、

太らないようにしていたそうです。

 

そして、その理由を、

「太っている姿をファンは

見たくないから」

と語っていました。

 

すごいですよね。

 

そして、ファンのことを

考えながら日々行動をしている人

というのは、自らの行動指針が

確立されているという意味で、

 

非常に強いのではないかと

考えています。

 

なぜなら、ファンを喜ばせるという

ことに終わりはなく、

さらに、野球だけではなく、日々の生活

全てにおいてファンのことが

頭にあれば、自らを律せざるを得ない

からです。

 

もちろん、このように他人のために

自らを律するというのは簡単ではなく、

私も全くと言って良いほど実践できて

いませんが、

 

他人を喜ばせることを目標に

することで、結果として自分が

成長できるということは

間違いないと言えるでしょう。

 

来年の目標を立てるときには、

自分以外をどうするのか、

という視点を持つことも

非常に大切といえるでしょう。