「腹落ち」体質になることが、成功への最短経路

突然ですが、

最近、腹落ちした経験はありますか?

 

今まで疑問だったことなどが、

一気に氷解していくのは、

とても気持ちが良いものですよね。

 

ただ、何をもって腹落ちとするのか、

という観点で考えると、

 

腹落ちの定義が何か良く分からない

ことも多いかもしれません。

 

結局、腹落ちってなんなのでしょうか?

 

 

ちなみに、

私が最近一番インパクトを受けた

腹落ちは、

人は変えられない。人は自ら変わるもの。

という言葉です。

 

何がきっかけで腹落ちしたのか

分からないのですが、

突然この言葉に腹落ちしたことを

覚えています。

 

そして、この言葉を振り返りながら、

腹落ちについて考えてみました。

 

その結論は、

腹落ちというのは、

当たり前と思っていたことが

当たり前でないことに気が付き、

 

その事実について強烈な

納得感を持っている状況。

 

と言えるかもしれない。

ということが分かりました。

 

人を変えることはできない。

というのは、恐らく色々な本の

中で書かれていることだと思います。

 

しかし、自分が納得していない状況で

そのような本を読んでも、

理解することができません。

(腹落ちしません。)

 

だからこそ、世の中には同じような

ことが書かれた本が売れ続けているのでしょう。

 

本当に自己啓発の本を読んで

全員が変わるのであれば、

 

7つの習慣や、

思考は現実化する。

 

を読んでいれば事足りるわけです。

 

しかし、自己啓発の本は

売れ続けている。

 

なぜかというと、

自己啓発の本を読んでも、

中身が変わっていなければ、

 

本の内容が頭に入ることは

ないからです。

 

良く、社会人になってから伸びる人で、

「素直な人」

ということが挙げられますが、

 

これは自分を納得させる力が

高いから、と言い換えることが

できるかもしれません。

 

ここから導き出される結論としては、

普遍的な成功法則があったら、

 

それを血肉になるまで自分に

刷り込むということです。

 

色々な例を使ったり、

反復してその言葉を繰り返しても

良いでしょう。

 

その結果として、

自分の中身が書き換わっていき、

ある瞬間に「腹落ち」するのです。

 

成功に関する情報がこれだけ

世の中にあふれている今の時代は

非常に幸せと感じ、

 

成功に向けた腹落ちの数を一つずつ増やして

いくと、人生が劇的に変わっていく

かもしれません。