チョコレートのテンパリングのように、潜在的な力を引き出す

テンパリングという言葉を

ご存知でしょうか?

 

以下、ウィキペディアからの抜粋です。

 

+++

チョコレートの原料であるカカオバターは、

高温からそのまま冷やしても、カカオの脂肪が緩く

不安定な結晶構造を取ってしまう。

 

このようなチョコレートは口当たりや

見た目が悪くなってしまう。

 

なめらかな口当たりと艶やかな見かけをもつ、

高い品質のチョコレートを作るためには、

 

チョコレートの温度を不安定な結晶の融点より

上の温度に調整し、安定した結晶構造を充分に

形成させてから冷やす必要がある。

 

その作業をテンパリングと呼ぶ。

+++

 

温度を調整することによって、

結晶構造を調整する、

ということですが、

 

チョコレートの温度を

調整するだけで、

 

その味が大きく変わるのですから、

すごいですよね。

 

全く同じチョコレートでも、

温度が味を変化させるのです。

 

違う言い方をすれば、

チョコレートの潜在的な力を

引き出す温度を提供して

あげれば、

 

チョコレートはどんどん

美味しくなる。

 

といえるでしょう。

 

つまり、全く同じ

ものであっても、

 

外部から何かの影響を

与えることによって、

 

大きく変容する可能性がある、

ということです。

 

そして、これはチョコレートに

限った話ではなく、

人間の場合でも同じことが

言えるのではないかと

考えています。

 

というよりも、

チョコレートのテンパリング

ように、

 

誰しも適切な刺激を受ければ、

大きく変容する可能性がある

といえるのではないでしょうか。

 

ただ、一度固まってしまった

チョコレートを溶かすのが

大変なように、

 

一度固まった考え方を

解きほぐしていくのは

簡単なことではありません。

 

さらに、変わろうと考えても、

それが失敗してしまう

テンパリングが失敗して

チョコが美味しくならない)

 

ということもあるでしょう。

 

だからこそ、

自らの考えを変えるというのは

非常にハードルが高いこと

だと思います。

 

ただ、重要なことは

「自分にも適切な刺激を

受けることによって、

劇的に変わる可能性がある」

 

と考えることではないかと

思うのです。

 

そう考えると、意図的に

刺激を受けにいくことに

対する意欲が湧いてくるのでは

ないかと思います。

 

もちろん、色々な刺激の中には、

効果がないものがほとんどでしょう。

 

 

しかし、自らを大きく変えてくれる

ものに出会えた瞬間、

それからの毎日が大きく変わるかも

しれません。

 

そういった意味でも、

自らにとってのテンパリング

探し、新しい刺激を探し続ける

ことが、

自らを変えていくという意味で

非常に大切といえるでしょう。