20年前から自分を見て、20年後を目指す

突然ですが、今から20年前

何をしていたでしょうか?

 

20代の方は幼稚園か小学校、

30代の方は中学校か高校、

40代の方は社会人というイメージでしょうか。

 

いずれにせよ、20年前と今の

自分の間には、大きな変化が

あったはずです。

 

その一方で、1年前に何を

していたのかを考えると、

中々思い出せない人も

多いのではないでしょうか。

 

短い期間だとあまり変化を

感じないにも関わらず、

長い期間だと変化を感じる。

 

ということは、

短い期間では成長を感じていないとしても、

実際には少しずつ成長している、

と考えることができるのでは

ないでしょうか。

 

まあ、当たり前と言ってしまえば

当たり前なのかもしれないですが、

 

今日という一日は、

20年で成し遂げる成長の中の

一つのピースです。

 

つまり、今日一日の密度を

普段の二倍にすることが

できれば、

20年後には2倍成長することが

できているはずです。

 

今という瞬間を

頑張るのは負荷がかかる

ことですので、

簡単ではないですが、

 

今の一瞬というのは、

未来を形作る一瞬。

と考えると、

 

今に力を注いだ方が良いと

考えることが理解できるのでは

ないでしょうか。

 

もちろん、毎日全ての時間を

最大の集中で過ごすことは

難しいかもしれないですが、

 

少なくとも、未来の自分を

形作るのは今の自分。

 

ということを意識することで、

力が湧いてくるのではないかと

思います。

 

もちろん24時間集中し続ける

ことはできませんので、

 

起きて仕事をしている間は、

常に最大限の集中力を

発揮する。

 

という意識を持つことが、

一日の密度を高める上で

重要と言えるかもしれません。