学びは「密度」を高めて行なうべき

海外でスポーツをしている

選手を見ていると、

 

一年ぐらいで、その国の

言葉を覚えているように感じます。

 

日本では英語を学ぶことが

必須ということと、

英語は難易度が比較的

低いということから、

 

とりわけ英語圏にいる人は、

すぐに英語を話すことが

できるようになっていると

感じています。

 

ただ、日本にいながら

実践的な英語を身につけるとなると、

ハードルが一気にあがるようです。

 

実際、日本で働きながら、

英語が上手になっている人は、

そこまで多くない。

 

と言えるでしょう。

 

ここから、何かを学ぶには、

その分野について集中的に

学ぶ時間を取ることが有効。

 

ということがわかります。

 

かけた時間に対する

成果というのは、

時間 x 密度

 

という式で表すことが

できるかもしれません。

 

どれだけ時間を割いても、

密度が低ければ効果は

あまり大きくなく、

 

逆に、密度が濃くても、

時間が短ければ効果が出ない。

 

というものです。

 

普段仕事をされている方は、

その仕事に関する知識を

自然と身につけていると

思いますが、

 

これは、時間 x 密度が高いから

(週5日はその仕事について

考えているから)

ということができるでしょう。

 

もちろん、普段働いている方が

他のことに長い時間を割くことは

難しいかもしれないですが、

 

とにかく、単位時間あたりにおいて、

自分が新たに学びたいことが

占める割合を最大化する。

 

ということを意識することによって、

大きな成果を上げることが

できるようになるでしょう。