2週回して初めて学びに

現状に満足しない。一ミリでも上を意識する。

朝、駅前を歩いていると、 参考書を読みながら 歩いている学生がいました。 受験に向けて 気合を入れて頑張っている のだと思います。 何かに向けて頑張る というのは素晴らしいことですよね。 ただ、この時に一点だけ 意識しなければいけないことが あると…

何かの弱みは、何かの強みになっている。何を見つめるのかが大切

最近、パソコンを新しくしたので、 そのパソコンのキーボードの位置を 確かめながらゆっくりと タイピングをしています。 ちょっとキーボードの 位置が変わるだけで、 打ちやすさが大きく変わることに 驚いています。 今は、なるべく肘を コンパクトにたたん…

提供する側と受ける側の価値観の圧倒的な違いを意識する

何かのレビューサイトを見ていると、 非常に厳しい意見を述べている人が いることを見かけます。 そういった意見を見たとき、 サービスを受ける側の立場から 考えると、 「まあそういった意見が出ることも あるよな」 と思います。 しかし、サービスを提供す…

相手の出方を見るのではなく、相手に働きかける

基本的に、相手に何かを働きかける ことは勇気がいることですよね。 なぜなら、何か働きかけをすることは、 否定される可能性がある行為だからです。 しかし、待っているだけで 良い情報が入ってくるということは、 基本的にはあり得ません。 良い情報という…

需要と供給を意識するだけ

今日ふと思ったことなのですが、 結局のところ、仕事というのは 需要と供給のバランスの中で なりたっている。 というシンプルな法則にいきつく のではないかとふと思いました。 というのも、コンビニで働いている 方を見ながら、 「もしこのコンビニの従業…

武器を一つ持っているだけで、圧倒的な優位性を持つことができる

自然界では、 大きいから強い。 という法則が常に成り立つ わけではありません。 大きければスピードが 落ちてしまいますから、 例えば象が肉食動物で あれば、 食料を取れずに絶滅して しまっていたでしょう。 一方、体が小さくても、 毒を持つことなどによ…

スポーツもビジネスも体幹が大切

何かビジネスをするとき、 枝葉に囚われてしまうと、 結果を出しづらくなってしまいます。 例えば、顧客とのアポを取ることは、 その先の売り上げを上げるためですが、 そもそも顧客に対して提供できる 価値が大してないにも関わらず、 ただアポの数を増やす…

長い時間軸と、短い時間軸

人は、ちょっとした考え方で 自分のマインドに大きな 影響が生まれるものです。 例えば、 仕事を一年という時間軸で 考えると、 周囲の会社から毎日のように出される 新しいサービスなどを見て 焦ってしまいます。 その一方で、 新卒から定年までの 40年とい…

他人のことを気にしている時間は一切ない

普段生活をしていると、 ほかの人のことが気になってしまう ことがありますよね。 特に、身近な人よりも 全く気にする必要がない 他人との関係のほうが気になったり するものです。 ある程度気にしてしまうことは 仕方がないのかもしれないですが、 気にする…

満足は1秒だけ。あとは改善だけを意識する

過去に自信をもって実現した 仕事があったとします。 この仕事を振り返ると、 自分のことが誇らしくなったり しますよね。 また、そういった仕事は、 振り返ってみても 「やっぱりしっかりと 仕事ができたな」 と思うことも多いものです。 そういった意味で…

流れの一歩先を行く

新卒の給与体系がほぼ横並び というルールが崩れようとしています。 ユニクロは、入社3年目以内に 最高で三千万円の給料を貰える ようになるようです。 三千万円といえば、上場企業の 役員の方が貰うレベルの給料です。 こういった話を聞くと、 時代の変化と…

確率(回数)と密度のバランスを意識する 

人は、何か選択をする時に、 間違った選択をしたくない。 と考えるのが普通です。 例えば、何かを買う場面であれば、 レビューなどをしっかりと見て、 これから買おうとしている商品が 値段に見合っているか確認を するでしょう。 何か新しいものを買おうと…

気持ち一つで右にも左にも変わる

会社で働いていると 共感してもらえる人も 多いのではないかと思いますが、 同じ人でも、その人を好きな人と 嫌いな人、はっきり分かれる場合が たまに見受けられますよね。 その人は同じことをしているのかも しれないのですが、 他人からその人を見ると、 …

閾値を超えるまでやり続ける

閾値(いきち、しきいち)は、 物事のさかいめになる値のことを 言います。 ちょっと例が悪いかもしれないですが、 人の骨が折れるかどうかには、 ある閾値があり、 その閾値を超える力が加わったら、 骨が折れてしまうのです。 ある状態から、一気に違う状…

整理した情報は、整理した人が一番分かっている

沢山の情報を整理することができると、 気持ちが良いものですよね。 そして、努力をして情報を整理したからこそ、 その情報を外に出すのは抵抗が生まれる。 そんな人もいるかもしれません。 整理された情報が価値を持つ。 という考え方ですね。 この考え方は…

自分と相手の基準は全く違うと認識する

毎日、朝に10キロを走っている人 からみたら、 5キロ走っている人は 「大したことない」 と思うかもしれません。 毎日、朝に3キロは知っている人 からみたら、 1キロ走っている人は 「大したことない」 と思うかもしれません。 一方、1キロを毎日走っている…

適度な速度を常に意識する

私の経験則なのですが、 一日の密度をあまりにも 高めると、息切れを起こしてしまい、 次の日に影響を及ぼしてしまいます。 毎日16時間労働した場合、 恐らく数週間もすれば 頭はほぼ酔っ払いぐらいまで 機能しなくなっているイメージです。 だからこそ、一…

とことん絞り込む。

基本的に何かに絞り込む ということは、 勇気がいることですよね。 ある意味、自分の選択肢を 絞り込むことと言えますから、 自ら進んで選択肢を絞り込む ということは、 自分の可能性を狭めていることに 他ならないわけです。 ただ、色々な観点からこの 絞…

終わりがない資格勉強ができるか?

資格の勉強をしている中では、 「合格」 が一つの目標になると思います。 そして、合格をするために、 毎日コツコツと勉強を 進めていくことでしょう。 そして、資格試験が終わった 瞬間に、その資格の勉強を 続ける人は少ないでしょう。 試験が終わったので…

需要を自ら作り出す

何か事業をする上で、 効率的に垂直立ち上げを するためには、 自ら需要を作り出す ということが 一つの効率的な選択肢として あげられます。 もちろん、需要があるのであれば、 その需要を取りに来る競合も いるわけですから、 新しい需要を作るということ…

届かないと思うか、届くと思うか

スポーツ選手でプロになることを 諦めた人の言葉を見ると、 あの選手のプレーを見て諦めた。 という場合が多いようです。 スポーツでプロを目指す人 というのは、ある意味次元が違う 人と言えますので、 そういった人達のしのぎを削った 戦いというのは、本…

絶対的な習慣化は無理ということを意識する

今、毎日ブログを書いていますが、 なぜ毎日続けることができているか というと、 朝、パソコンを開いたらまずブログを書く。 と決めているからです。 今、約400日にわたって毎日 書き続けていますが、 それでも、朝に書くというルールを 取り消してしまった…

改めて、目標設定の大切さ

一年のはじまりに作ることが多い「目標」 今年ももう半分ぐらい経っていますので、 目標が頭から消えてしまっている。 という人も多いかもしれません。 かく言う私も、 ここ数日間、目標のことが 頭から消えてしまっている ということに気が付きました。 日…

圧倒的な熱を持つ

最近いつも反省しているのですが、 熱量を上げる意識が足りないと 痛感しています。 人との関わり合いにおいて、 熱量を持っている人と、 熱量を持っていない人、 どちらと付き合いたいかと言えば、 それは前者のほうでしょう。 といいつつ、こういった論理…

ルーティンを守り続けることの重要性

毎日何かを続けるということは、 本当に大きな価値があることだと 感じています。 継続している人はその力を 実感している一方、 継続をしていない人は、その力を イメージすることが できないので、 継続できる人と、 継続できない人の間では、 差がどんど…

ターゲットを明確にする

どんなものを作ったとしても、 それが世間に受け入れられなければ、 存在していないことと同じです。 自分の満足のために何かを 作るのであればそれで良いかも しれないですが、 そうではなく、誰かのために 何かをするのであれば、 その誰かのことを強烈に …

分かるようになるまでやるだけ

何かを学んでいる中で、 本当に意味が分からない。 という場面に出会うことが ありますよね。 そんな時、選択肢としては 大きく二つあるのではないかと 思います。 一つは、それに立ち向かうこと。 もう一つは、それから逃げること。 日々の生活において、よ…

野球を見て感じたこと(強みを意識する)

昨日、久しぶりに野球を テレビで見ました。 一点差の緊迫した試合だったのですが、 そこで興味深かったのが、 最後の抑えのピッチャー。 他の選手と比べて特段 球速が早いわけでもないのですが、 バッタバッタと三振を取って いきました。 このピッチャー、…

視点をずらさない

何かについて学べば学ぶほど、 初心者とのギャップは大きく なっていきます。 たとえば、教授が言っていることが 分からない。という大学生は 沢山いるかと思いますが (私もその中の一人です。。) それは、教授と学生の間の 知識に大きなギャップがあり、 …