コミュニケーションは常に「シナジー」を意識する

だれかとの何気ない会話。 普通に会話をするだけでも、 意識をして会話をしても、 1時間は1時間です。 ただ、同じ1時間でも、 その使い方によって、 得られる結果というのは 大きく変わってくるのは 間違いありません。 相手と楽しく笑っただけでも、 むすっ…

営業活動とは、全叡智をかけた勝負

最近、プログラミングスクールで 「案件を取るためのコース」 という宣伝をみかけました。 プログラミングを教えるだけではなく、 仕事の取り方も教えるコースのようです。 プログラミングというのは、 ある意味知識量が勝負になります。 ですので、分厚いテ…

続けるだけで差別化ができる。だからこそ続けられることを見つける

ここ3か月ほど、朝にランニングを しています。 走っている距離は長くはないのですが、 毎日続けると何となく体調が良いので、 いつのまにか習慣になりました。 そして、ここ最近気づいたことがあります。 それは、毎日走っているだけでも、 「体に対するセ…

人との関係も、ルールを積み重ねていくことが大切

最近よく思うことなのですが、 世の中には、 人との繋がりがどんどん増える人と、 繋がりが薄れていく人、 この二種類に分かれていくような 気がしています。 これを分類していくと、 1頑張って増やしている人 2頑張らないで増えている人 3頑張っても増え…

「やはり」という言葉を使わない

無意識に使ってしまっている言葉が 成長を止めてしまうことがある、 と最近感じています。 その具体例の一つが、 「やはり」という言葉。 例えば、ニュースで 悪いことをしている人が 映ったとしましょう。 この時、その人の人相が 悪そうであれば 「やっぱ…

大坂選手のラケットは一般用。ツールにこだわらない

テニスで世界ランキング一位になった 大坂選手。 少し前ですが、大坂選手が使っている ラケットは市販のものだということが 話題になりました。 厳密には、市販のラケットにカスタマイズを してあるので、100%市販品とは言えないの ですが、 他のプロが使う…

関わる人をすべて上に引き上げていく

お客様からお金をもらうということは、 ある観点では、相手の資源を奪うことです。 ただし、相手の資源を奪ってそれで 終わりであれば、相手は次からは 一円も払ってくれないでしょう。 結局のところ、相手の資源をもらいつつ、 その資源を超えるリターンを…

文脈(コンテクスト)力を高める

コンテクストという言葉を ご存知でしょうか? 日本語にすると、 文脈という意味があるのですが、 これだけではイメージがわかないので、 具体例でお伝えしますね。 (以下、ウィキペディアからの 抜粋です。) 例えば、同じ「ママ」であっても、 子供同士の…

失敗をそのままにしない

昨日、久しぶりに飲み会がありました。 家に戻ったのは0時過ぎですが、 お酒自体はあまり飲んでいません。 お酒の量があまり多く無かったので、 次の日は体調も良いだろうなあ、 と考えていたのですが、 絶好調の時と比べると、 少しパフォーマンスが落ちる…

収益ではなく、提供する価値の最大化

生活をしていく上では、 会社は利益を上げていかなければ いけません。 ただで何かの役務を提供して いたのでは、どこかで必ず 行き詰ってしまいます。 そして、何か新しいことを はじめた場合、すぐに収益を 上げることは非常に難しいです。 だからこそ、ど…

仕事はストレッチのように「伸ばしている場所を意識する」

朝、ランニングをした後に ストレッチをしていました。 ストレッチの効果を増すためには、 伸ばしている場所を意識することが 大切。 と言われています。 たとえば、 ふくらはぎを伸ばすのであれば、 ふくらはぎの筋肉を意識することが 大切、ということです…

本能を意識すると、人との接し方が見えてくる

一昨日、昨日の続きです。 昨日は、本能を意識しながら コミュニケーションをとることが 大切ということをお話ししました。 (言い換えると、理性を表に出した マウント的なコミュニケーション (相手を論破するようなコミュニケーション) は避けた方がよい…

理性だけの状態は存在しない。本能か本能+理性

昨日の話の続きになります。 昨日は、日本人は理性的であろうと する傾向が強いというお話をしました。 この点について改めて考えていたのですが、 あらたな学びとして、 人が理性だけの状態でいられることはない。 ということを意識することが大切 なのでは…

人は動物であることを肝に銘じる

日本マクドナルドを創業した 藤田田氏の本を読んでいました。 その中のワンフレーズが非常に 興味深かったのでご紹介します。 日本人は、とりわけ人間が 理性的と思いこんでいる人が多い。 そのくせ感情で人付き合いをしたりする。 この言葉を見たとき、思わ…

とにかく相手に寄り添う。ただし、できない部分は出来ないと言う

はじめの想定から逸脱した リクエストが来るというのは 仕事をしているうえでは よくあることですよね。 恐らく、逆の立場であれば 無意識のうちに こういった想定以上の リクエストをしているかも しれない、と考えると、 払った価値以上のリターンを 求め…

人の頭も、今の世界と同じ複雑系である。

複雑系という言葉を聞いたことが ありますでしょうか? 複雑系とは、全体として何らかの 挙動をしているが、その個別の原因を 断定することができないようなもの、 と言われています。 例えば、日本の天気は複雑系です。 どれだけ過去のデータを集めたとして…

やるべきことが見えたら、一点突破。わき目を振らない

高校で、何かの競技で 全国大会を目指したいのであれば、 そのために全力尽くし続けなければ いけないですよね。 どの競技で全国大会を目指すのか、 ということをまず決めなければ 何も始まらないですが、 やるべきことが見つかったら、 そこに対してすべて…

剣と槍と斧。ベストな武器は存在しない

3すくみという言葉を ご存知でしょうか? これは、3つの対象があるときに 1つはほかの一つに対して強みがある一方、 もう一つに対しては弱みがあるという 組み合わせのことです。 例えば、剣と槍と斧では、 剣は槍に弱いが斧には強い 槍は斧には弱いが剣には…

大きな温泉を掘るのではなく、まず温泉を引き当てること

宝くじに当たるまえに、 当たったらどうしよう、 と考えることがありますよね。 結局、その妄想は妄想で終わって しまうことが多いのですが、 成功している自分を イメージするのは楽しい ものですよね。 ただ、成功のイメージが 大きすぎると、 現実とのギ…

ちょっとしたことで気持ちが動くからこそ、ちょっとしたことに気を配る

先日、自転車に乗っていました。 普通に走っていたところ、 前から突然自転車が 飛び出してきて、 危うくぶつかりそうになってしましました。 こういったことがあると、 やはり腹が立つものです。 相手から見ると大したことは ないのかもしれないですが、 受…

原則だけではダメ。面白いだけでもダメ。理想は原則を面白く。

相手の立場で考えることが大切。 こういった言葉は、自己啓発書では よく見かけますよね。 ただ、相手の立場で考えることは大切。 とわかっていても、なかなか実践するのは 難しいですよね。 相手の立場で考えることは、 理屈ではわかっていても、 それだけ…

慣れてきた時こそ、さらに意識を高める

ある調査によると、 自動車の事故を起こすのは 初心者が多いようです。 どういった場合に事故が起こるのか、 といった経験がないので、 勘が働かず、結果として事故が 起こりやすくなることは想像に 難くありません。 20年間運転をしてきたドライバーと、 1…

武器(スキル)はお金を出して最速で身に着ける。その分を練習にあてる

昔の武士道の世界においては、 使う刀によって差が出ることは もちろんですが、 それ以上に、 練習をどれだけ重ねるかが 結果に大きく影響していることは、 想像に難くないと思います。 ものすごく切れる刀があったとしても、 刀を振ることが苦手な人にとっ…

顧客の気持ちを本当に理解するには

最近考えていることとして、 本当の顧客満足とは何か ということがあります。 自社でサービスを開発する時、 顧客が何を求めているのか ということは常に考えるのですが、 その考えは、顧客の考えではなく、 自分の考えではないかと思うように なりました。 …

本質をとらえながら、顧客目線に立つ。結局はバランスの振れ幅

昨日、USJを復活に導いた 森岡毅さんが書かれた本を 3冊ほど読んでいました。 この本を読んで衝撃だったのが、 森岡氏自身が徹底的に 顧客の視点に立った理解に 努めていたということです。 例えば、モンスターハンター のアトラクションをUSJに 導入する前…

ダンスを営業に見立てる

先日、あるダンスの振り付けを 見ていたのですが、 そのダンスは本当に流れるような 振り付けで、 見ている方が非常に引き込まれて しまいました。 真似しようとしても、 絶対にできない、と思わせるような ダンスです。 ただ、ダンスの瞬間瞬間を 切り取っ…

動くボールを打つ前に、まずはティーバッティング。

朝、ランニングをしていると、 公園でティーバッティング (ボールを固定した上で行う バッティング)を している少年がいました。 走りながらだったので、あまりしっかりと は見ていませんが、 ティーバッティングでも、 ボールの芯にバットを当てるのは難…

同じ食材でも、どれだけ栄養に繋げられるかが重要

最近、本から得た知識を どれだけ自分の血肉にできるか。 という点を強く意識しています。 例えば、ナポレオンヒルの 思考は現実化する。 これは、ナポレオンヒルが 各業界の成功者をインタビューして、 成功の法則をまとめた本です。 この本を作るために 数…

視点を相手に変えると、改善点が見えてくる

プロ野球のイチロー選手は、 毎年バッティングフォームを 少しずつ修正しているといわれています。 なぜフォームを修正するのかというと、 打率を上げるためです。 つまり、打率を上げるという目的があって、 はじめてバッティングフォームの修正。 という行…

話すことによる副次的な効果

昨日、友人と話をしていたのですが、その中で、私が今まで学んできた目標設定の方法について話をしました。 話をしている最中はとにかく相手にとって何かためになれば。 と考えていたのですが、一日たってみて改めて思い返してみると、 話をしている自分自身…