機微を感じることができるのが「人」

毎日お店に行くと、

無意識に同じものを選んでしまう。

 

そんな経験をしたことが

ある方は多いのではないかと思います。

 

ただ、その商品を選んだ理由を

述べて下さい。

と言われると、意外と思いつかないことも

沢山あったりしますよね。

 

自分の中では明確な意思決定基準が

あったとしても、

 

その意思決定基準を言葉にするとなると、

中々難しいのです。

 

さらにややこしいのが、

自分が無意識に行った選択に対し、

後から勝手に理由付けをして

しまうところ。

 

後付けで理由を付けている、

ということに気づけないと、

自分の行動の背景を

いつまで経っても理解できる

ようにはなりません。

 

そういった意味では、

自分の無意識の行動の

原因を探る習慣を持つことが

大切と言えるでしょう。

 

一言でいうと、機微ですね。

 

機微というのは、

表面からは分かりにくい、

微妙な心の動き。

 

を意味します。

 

ただ、自分の心の動きに

対してはあまり鋭敏にならずとも、

 

相手の心の動きに対しては、

意外に繊細に違いが分かることが

あります。

 

それは、

相手が無理をしている時。

 

例えば、いつも笑いを意識

していない人が

突然周囲を笑わせようと

強烈に意識してしまうと、

 

その意識というのは

意外なほどに聴き手に伝わってしまい、

かえって面白くなくなる。

 

という事態になってしまうのです。

 

そう考えると、

常に自然体で自分の力を最大限に

発揮できるように、

 

日々鍛錬を積み重ねることが

大切と言えるでしょう。

 

仕事の話をしていたとしても、

相手は自分のことを

「見透かしている」

 

可能性が高いからです。

 

相手に見透かされないためにも、

機微の力を見つめなおし、

一瞬一瞬の仕事をしっかりと

全力で取り組むことが大切と

言えるでしょう。