文脈(コンテクスト)力を高める

コンテクストという言葉を

ご存知でしょうか?

 

日本語にすると、

文脈という意味があるのですが、

これだけではイメージがわかないので、

具体例でお伝えしますね。

 

(以下、ウィキペディアからの

抜粋です。)

 

例えば、同じ「ママ」であっても、

子供同士の会話(母親)か

大人同士の会話(スナックのママ)

で意味が違うように、

その状況や背景などによって言葉の意味は異なる。

 

つまり、同じ言葉でも、人によって

受け取られる意味が全く異なる

ということです。

 

人が何かの言葉を受け取るとき、

その人のコンテクストという

フィルターを通していると

考えると、

 

ただ単に言葉を伝えるということは

意味がないことが分かります。

 

なぜなら、単に言葉を伝えるということは、

自分のコンテクストに基づいているのであり、

 

相手のコンテクストに基づいてない以上、

相手に響くことはないからです。

 

そう考えると、大切なことは

自らのコンテクストの範囲を広げ、

相手との共通するコンテクストを作る。

 

ということがわかります。

 

コンテクストを広げるには、

一つの言葉であっても、その背景や

有機的なつながりを意識すると

良いでしょう。

 

例えば、ある日本語を英語にするだけでも、

コンテクストが広がるかもしれません。

 

継続は力なりという言葉がありますよね。

この言葉を英語にすると、

Continuation is father of successと言うみたいです。

直訳すると、継続は成功の父。ということになります。

 

継続は力なり、という言葉だけではなく、

継続は成功の父。というつながりを作ることで、

この言葉に対するコンテクストが一つ広がったと

言えるでしょう。

 

徹底的にコンテクストを広げる。

相手に価値を提供するために、

この点をしっかりと意識することが

大切といえるでしょう。